色素沈着したニキビ跡を消すには!?

やっとニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡がシミのように残ってしまった。
そんな経験のある方はいませんか?

 

ニキビができるだけで憂鬱なのに、シミのようなニキビ跡が残ってしまったら本当にショックですよね。

 

しかしこの色素沈着してしまったニキビ跡は何故できてしまうのか?
消すことはできるのか?

 

気になるところですね。

 

では早速、色素沈着したニキビ跡の原因と改善方法を見ていきましょう。

色素沈着したニキビ跡の原因

 

そもそもシミのようにニキビ跡が残ってしまうのは何故でしょう?

 

色素沈着したニキビ跡の原因は、シミができるメカニズムと同じなのです。

 

シミができる大きな原因は、紫外線による影響だと言われていますね。

 

紫外線を受けた肌は、皮膚を刺激から守る為にメラニンを生成します。
このメラニンがシミの原因。

 

皮膚を刺激から守ってくれる反面、シミとなってしまう訳です。

 

色素沈着したニキビ跡もこれと同じ現象が起こっています。

 

ニキビの炎症によって刺激を受けた肌は、皮膚を守る為にメラニンを生成します。
要は、紫外線の刺激から皮膚を守るようにニキビの炎症からも皮膚を守るということですね。

 

その為、ニキビが治ってもいつまでも色素沈着したニキビ跡が残ってしまうという訳です。

 

しかし、色素沈着したニキビ跡は、肌のターンオーバーが正常に行われていれば何れ消えていくものです。

 

いつまでもニキビ跡として残ってしまっているということは、肌のターンオーバーが正常に行われていないのが原因と考えて良いでしょう。

 

色素沈着したニキビ跡が消えないのは、

 

  • 皮膚を守る為のメラニン
  • 肌のターンオーバーの乱れ

 

この2つが原因だといえます。

色素沈着したニキビ跡を改善するには!?

 

では、シミのようになってしまったニキビ跡を改善するにはどうしたら良いのでしょう?

 

ポイントは3つあります。

生活習慣の見直し

肌のターンオーバーが乱れているということは、身体の新陳代謝機能が低下していることが原因の一つに挙げられます。

 

その為、新陳代謝機能を向上させる必要があり、規則正しい生活やバランスの良い食生活、適度な運動や良質な睡眠を心掛けることが大切です。

 

即効性はないものの、生活習慣の見直しを行なうことで少しずつ新陳代謝機能が高まっていきますので是非、お試し下さい。

紫外線ケア

紫外線というのは、メラニンの生成を促すだけでなく肌のターンオーバーを活性化させてしまう原因にもなります。

 

「活性化」という言葉を聞くと、良いのではないか?と思われがちですが、活性化し過ぎてしまうことでターンオーバーの周期が短くなってしまいます。

 

ターンオーバーの周期が短いということは、未熟な肌が外気に出てしまうということ。
更に、未熟な肌はターンオーバーを正しく行なうことが出来ない為、色素沈着を残したままターンオーバーを繰り返してしまうのです。

 

その為、日頃から紫外線ケアを行なうことはとても重要だといえます。

美白効果のあるスキンケア

色素沈着したニキビ跡には、美白効果のあるスキンケアを使用することをおすすめします。

 

ニキビ跡だけでなく、繰り返すニキビにも悩んでいるという方は、美白効果成分が含まれたニキビ予防のスキンケアを使用すると良いでしょう。

 

美白効果成分が含まれたスキンケアには、メラニンの生成を抑制する働きがある為、色素沈着を残さずターンオーバーを整えてくれます。

 

こうしたアイテムを使用することで、色素沈着したニキビ跡も改善されていきますし、使い続けることで予防する効果も期待できますので是非、お試し下さい。