赤いニキビ跡を消すには!?

一口にニキビ跡といってもその状態は様々ですね。

 

ニキビは治ったのに赤みが引かずそのままニキビ跡として残ってしまったという経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

 

一見、痛々しく見える赤いニキビ跡ですが、実際には痛みもなく腫れている訳でもなく、赤く跡が残ることで目立ってしまいますね。

 

そんな赤いニキビ跡を消すにはどうしたら良いのか?
早速、見ていきましょう。

赤いニキビ跡の原因

 

そもそも赤いニキビ跡は何故、残ってしまうのでしょう?
まずは、赤いニキビ跡が出来てしまう原因から見ていくことにしましょう。

 

赤いニキビ跡が出来てしまう理由は、ニキビの炎症によりニキビ周辺の血液の流れが滞り、溜まってしまっていることが原因です。

 

通常であれば、ニキビが治ることで赤みも肌のターンオーバーによって自然と消えていくのですが、ターンオーバーの周期が乱れてしまっていると、ニキビが治ってもいつまでもニキビ跡として残ってしまうのです。

 

「ターンオーバーの正常化でニキビ跡が消える!?」にて詳しく紹介していますが、ニキビ跡と肌のターンオーバーとは深い関係があります。

 

赤いニキビ跡ができていつまでも消えないということは、肌のターンオーバーの周期が乱れてしまっていることが大きな原因となりますので、赤いニキビ跡に合ったケアをしていくことが大切です。

赤いニキビ跡を改善するには!?

 

肌のターンオーバーの周期が乱れることで、起こりやすい赤いニキビ跡。

 

しかし、赤いニキビ跡は他の種類のニキビ跡と比べ改善されやすいといわれています。

 

では、具体的に赤いニキビ跡を改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

@ 生活習慣の見直し

肌のターンオーバーの周期を正常化するには、新陳代謝機能を向上させることが大切です。

 

規則正しい生活や栄養バランスの整った食生活、適度な運動や良質な睡眠を心掛けることで新陳代謝機能は向上していきますので、まずは生活習慣の見直しから始めてみましょう。

A 正しいスキンケア

赤いニキビ跡を改善する為には、内側からのケアはもちろん外側からの正しいケアをしていくことも重要です。

 

ニキビ予防やニキビ跡ケア成分が配合されたスキンケアを使い、正しくケアしていきましょう。

 

また、スキンケアだけでなく洗顔料選びにも注意が必要です。

 

ニキビができやすい方やニキビ跡が残りやすいという方の場合、肌の健康状態があまり良くない為、肌に刺激の強い洗顔料を使ってしまうと悪化してしまう恐れがあります。

 

肌に負担を掛けずに毛穴の汚れを落としてくれるニキビ用の洗顔料を使われることをおすすめします。