ニキビ跡を改善するには食生活の見直しを!

健康を維持する為には、バランスの良い食生活を心掛けることが良いと言われていますね。

 

これは、肌にも同じことがいえることです。

 

バランスの良い食生活を心掛けることで内臓機能はもちろん、肌のターンオーバーが正常化され肌の健康状態が良くなります。

 

肌のターンオーバーが正常化し肌の健康状態が良くなると、自ずとニキビ跡が改善されやすくなるだけでなく、ニキビが出来てしまってもニキビ跡ができにくくなるのです。

 

その為、ニキビ跡を改善するには栄養バランスの整った食生活を心掛けることが大切だといえるでしょう。

ニキビ跡の改善を促す栄養素

 

日頃から栄養バランスの整った食生活を心掛けることでニキビ跡は改善されやすくなりますが、食事から摂る栄養素の中にはニキビ跡の改善を促すような働きを持つ成分や逆にニキビ跡にはあまり良くない成分があります。

 

ニキビ跡改善にとって良い成分とあまり良くない成分を見極め良い成分は積極的に、悪い成分は控えめに摂ることも大切です。

 

では、具体的にどんな成分が良く、逆にどんな成分があまり良くないのか見ていきましょう。

ニキビ跡改善に良い成分と悪い成分

 

ニキビ跡を改善するにあたり、積極的に摂りたい成分と逆に控えたい成分というものが存在します。

 

では早速、それぞれの成分を紹介していきましょう。

ニキビ跡改善に良い成分

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用に優れており肌のアンチエイジング効果が高い成分です。
肌の酸化を防ぐことで肌のターンオーバーが正しく行なわれニキビ跡改善を促してくれます。

ビタミンE

ビタミンEには、ビタミンC同様抗酸化作用があります。
肌の酸化を防ぐことでニキビ跡を改善、予防することができるのです。

ビタミンA

ビタミンAにも、ビタミンC,E同様に抗酸化作用がある為、ニキビ跡改善にはとても良い成分の一つなのですが、ビタミンAの場合は摂り方に注意が必要です。

 

ビタミンAを食積極的に摂りすぎてしまうと身体に負担が掛かってしまい、様々な体調トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

ビタミンAの効果を得たいという場合には、ビタミンAを積極的に摂るのではなく体内に入ることで身体に必要な分だけビタミンAに変換するβカロテンを摂ることをおすすめします。

 

βカロテンでしたら積極的に摂っても必要以上にビタミンAに変換されることはありませんので健康を害することなく有効作用を摂取することができるのです。

季節の食材を摂る

成分とは少し違いますが、季節の食材を摂ることは身体の健康を維持する為にとても大切であり、肌にも同じことがいえます。

 

季節の野菜というのは、その季節に合った作用をもたらす効果があり、例えば冬でしたら身体を温める効果が、夏でしたら身体の余分な熱を冷やす効果があるのです。

発酵食品

肌の健康状態を高める為には腸内環境を整えることが大切だと言われています。
発酵食品には、腸内環境を整える効果がありますので、積極的に摂ることで内臓機能はもちろん、肌の健康状態も向上しニキビ跡の改善、予防につながります。

タンパク質

タンパク質は肌を作る材料となる大切な成分です。
必要以上に摂る必要はありませんが、毎日の食事の中で適度に摂っていくことをおすすめします。

ニキビ跡改善に悪い成分

砂糖

お料理の中で適度に使う分には特に問題ありませんが、砂糖が大量に含まれている甘いお菓子などは控えることをおすすめします。

 

私たち人間の肌は糖質を摂りすぎてしまうと糖化といってコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質と糖分が結びついて糖化蛋白となることで、弾力繊維が堅く構造がもろくなってしまうのです。

 

肌が糖化してしまうと肌の状態が悪くなってしまいニキビ跡が改善されにくくなってしまいます。

 

絶対に食べてはいけないという訳ではありませんが、甘い物の摂り過ぎには気を付けましょう。

食品添加物の多い食事

食品添加物を摂らない食生活というのは、現代人にとって不可能に近いといえますが、特に食品添加物が多く含まれているインスタント食品やレトルト食品、ジャンクフードなどは控えることをおすすめします。

 

食品添加物を摂ることで体内には活性酸素が発生しやすくなることが分かっています。

 

体内で活性酸素が発生すると体内の細胞が酸化されてしまう為、様々な体調トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

また、細胞の酸化は肌にも起こりますので肌のターンオーバーが乱れてしまいニキビ跡ができやすく消えにくいという悪循環に陥りやすくなってしまうのです。