40代のニキビ跡を消す方法

10〜20代の頃と比べるとニキビができる頻度は少ない40代。

 

しかし、一度できると同じ部位に何度も繰り返しニキビができるようになってしまったり、ニキビができるとなかなか改善されず、やっと治ったと思ったらニキビ跡が残りなかなか消えないという方も少なくありません。

 

また、40代になった頃から肌トラブルを起こしやすいという方も少なく、ニキビ跡に限らず肌トラブルを抱えやすい年代でもあります。

 

そんな40代のニキビ跡を消すことはできるのでしょうか?
早速、見ていきましょう。

40代のニキビができる原因

 

10〜20代に比べると少ないものの、一度出来るとなかなか改善されない40代のニキビ。

 

まずはその原因を見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

個人差はあるものの一般的に20代の半ばから30代前半にかけて女性ホルモンの分泌量のピークを迎え、その後は右肩下がりに下降していきます。

 

そして40代に入った頃になると、女性ホルモンの分泌量はグンと下がってしまうのです。

 

肌の健康状態と女性ホルモンの分泌量というのは深い関係があり、40代になり女性ホルモンの分泌量が急激に減っていくことでホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経に影響し皮脂を過剰に分泌してしまう働きがある為、過剰に分泌された皮脂によって毛穴が詰まりやすくなってしまいニキビができやすくなってしまうのです。

肌のターンオーバー周期の乱れ

新陳代謝機能というのは、年齢を重ねるにつれ徐々に低下してしまうのは仕方のないこと。
40代に入ると、肌のターンオーバー周期は約55日と20代の頃と比べ約2倍もかかってしまいます。

 

その為、本来であれば垢として剥がれ落ちる角質がいつまでも肌に残ってしまう為、毛穴を詰まらせやすくニキビができやすい環境となってしまうのです。

40代のニキビ跡を改善するには!?

 

肌のターンオーバー周期が20代の頃と比べると約2倍も掛かってしまう40代。

 

ニキビ跡は、ターンオーバーによって徐々に消えていくものなので、周期が長くなってしまう40代になるとニキビ跡がなかなか消えないというのは、当然と考えて良いでしょう。

 

しかし、だからといって諦めたくはありませんね。

 

では、40代のニキビ跡を改善するにはどうしたら良いのでしょう?

 

ポイントは、アンチエイジングです。

 

肌のターンオーバーの周期が乱れる原因は様々ですが、大きな原因は細胞が酸化してしまうことにあります。

 

その為、ニキビ跡を改善するには細胞の酸化を防ぐケア、即ち抗酸化に努める必要があります。

 

規則正しい生活やバランスの良い食生活、また抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンCを積極的に摂り入れ、適度な運動や良質な睡眠を心掛けていきましょう。

 

更に、スキンケアではアンチエイジング効果のあるアイテムを選ぶことをおすすめします。

 

ニキビ予防効果のあるスキンケアでも良いのですが、ニキビ予防のみを目的としたタイプだと40代の方の場合、物足りないというのが正直なところです。

 

但し、ニキビ跡ケア成分が配合されているものでしたら、新陳代謝を促す効果がありますのでアンチエイジングだけでなくニキビ跡にも重点を置きたいと考える方は、こうしたニキビ跡ケア成分が配合されたアイテムを選ぶと良いでしょう。