30代のニキビ跡を消す方法

10〜20代に比べると皮脂の分泌量が落ち着いてくる30代。

 

今まで使っていたスキンケア用品では物足りなさを感じたり、肌質が変化することで合わなくなってしまったという方も少なくないのではないでしょうか。

 

また、皮脂の分泌量が減ることで乾燥を感じる方も多いですね。

 

しかし、ニキビは出来やすくニキビ跡がなかなか消えないという悩みを持たれている方も珍しくありません。

 

所謂、大人ニキビというもの。

 

肌は乾燥しているのにニキビができてしまい、ニキビ跡もなかなか消えません。

 

こんな30代のニキビ跡を消す方法はあるのでしょうか?
早速見ていきましょう。

30代のニキビができる原因

 

10〜20代と比べ皮脂の分泌量が減ってくる為、10〜20代の頃と比べるとニキビの出来る数は減るものの、たまにポツポツと出来始めニキビ跡が残りやすくなるのが30代のニキビの特徴です。

 

しかし何故、皮脂の分泌量が減ってくる30代なのにニキビができてしまうのでしょう?

乾燥による皮脂の過剰分泌

30代になると肌は乾燥しているのにニキビが出来てしまうというお悩みを持たれる方が少なくありません。

 

これは、肌が乾燥することで肌のバリア機能が低下してしまう為、バリア機能を高める為に皮脂を過剰に分泌してしまった結果、皮脂が毛穴に詰まりニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖してしまうからです。

 

ニキビというとオイリーの方の悩みというイメージを持たれがちですが、乾燥肌の方でもニキビは出来やすいと考えて良いでしょう。

肌のターンオーバーの乱れ

個人差はあるものの一般的に30代に入ると徐々に肌は衰えてきます。

 

肌が衰えることで、肌のターンオーバーといって新陳代謝によって繰り返す肌の再生の周期が乱れてしまうのです。

 

肌のターンオーバーの周期が乱れてしまうと、古い角質がいつまでも肌に残ってしまう為、毛穴を詰まらせやすくしてしまいます。

 

その為、ニキビが出来やすくなってしまうだけでなく、ニキビ跡が残りやすくなってしまうのです。

30代のニキビ跡を改善するには!?

 

10〜20代と違い、30代になると新陳代謝機能が低下してくる為、ニキビ跡を放っておくといつまで経っても消えないというケースが珍しくありません。

 

その為、ニキビ跡を改善するにはそれなりの対策を取ることが必要となってきます。

@ 生活習慣の見直し

不規則な生活や脂質や糖質の多い食生活、運動不足や睡眠不足などといった生活習慣を送っていると肌の衰えは加速し、肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。

 

生活習慣の見直しを行ない、新陳代謝機能を高めるよう心掛けることが大切です。

A ニキビ跡改善効果のあるスキンケア

30代のニキビ跡を改善するのは内側からのケアだけでなく、外側からのケアも重要となってきます。

 

ニキビやニキビ跡を改善する成分の含まれたスキンケアを使用し正しくケアしていきましょう。

 

乾燥対策やアンチエイジング効果のある大人ニキビ用のアイテムをおすすめします。