20代のニキビ跡を消す方法

10代と比べると皮脂の分泌量は落ち着いてきてはいるものの、まだまだオイリーに悩む方が多い20代。

 

また、学生から社会人へと環境の変化の多い20代ではニキビが出来やすくニキビ跡に悩む方も少なくありません。

 

そんな20代にできるニキビ跡は消すことができるのでしょうか?
20代のニキビ跡を消す方法を見ていきましょう。

20代のニキビができる原因

 

10代の頃と比べ成長ホルモンの分泌量も落ち着いてきた20代ですが、まだまだ皮脂の分泌量が多い世代でもあります。

 

しかし何故、20代になってもニキビができやすいのか?
まずはその原因を見ていきましょう。

・環境の変化や生活習慣の乱れ

20代では、学生から社会人へと環境の変化のある方が多いですね。
また、環境が変化することでストレスを感じたり、生活習慣が乱れやすくなるのも特徴です。

 

こうしたストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れてしまうと皮脂が過剰に分泌されてしまいニキビができやすくなってしまうのです。

間違ったスキンケア

20代になると毎日メイクをすることが習慣化され、それに伴いスキンケアにも力を入れ始める女性は少なくありません。

 

しかし、自身の肌質に合わないアイテムを使用したり、必要以上に使用したりと間違ったスキンケアを行なっている方も珍しくないのです。

 

間違ったスキンケアは、肌に負担を掛けてしまいますしニキビの出来やすい環境を作ってしまいます。

20代のニキビ跡を改善するには!?

 

10代と比べると落ち着いてはきたものの、環境や生活習慣の変化によって皮脂が過剰分泌されやすい20代。

 

そんな20代のニキビ跡を消すにはどうしたら良いのでしょうか?

 

ニキビ跡が残り、なかなか消えない原因は肌のターンオーバーの乱れにあります。

 

しかし20代の場合、まだまだ肌は健康な状態にある方が多い為、ターンオーバーの周期は比較的安定している方が多くみられます。

 

その為、ニキビ跡の状態にもよりますが正しいスキンケアを行なっていれば時間と共にニキビ跡は改善されていくでしょう。

 

ニキビが出来やすいという方は、ニキビに効果のある洗顔料を使って正しい洗顔を行なうと共にニキビケア成分が配合されているスキンケア用品を正しく使用することで、ニキビとニキビ跡の悪化を防ぐことができます。

 

また、規則正しい生活やバランスの摂れた食生活、適度な運動や良質な睡眠を心掛け、身体の内側からもニキビ対策をしていくことでニキビやニキビ跡を予防することができます。