10代のニキビ跡を消す方法

ホルモンバランスがまだ安定しない10代はニキビができやすく、思春期ニキビなんて呼ばれ方をするくらい、ニキビに悩む方は少なくありません。

 

また、10代にできるニキビは悪化しやすく、人によっては次から次へと増えていくケースもあり、このままずっとニキビに悩み続けなくてはいけないのかと不安になる方も多いようです。

 

また、ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまうケースも少なくありませんね。

 

10代のニキビ跡を消す方法はあるのでしょうか?
早速、見ていきましょう。

10代のニキビができる原因

 

思春期ニキビとも言われる10代のニキビ。
そもそも何故、10代の頃はニキビが出きやすいのでしょう?

 

まずは、ニキビができてしまう原因から見ていきましょう。

成長ホルモンによる影響

小学生から高校生にかけてちょうど思春期に当たる頃は、身体が子どもから大人になる為にグンと成長する時期ですね。

 

男女問わず、身長が急激に伸びたり、体型が変わってきたりと大人になる準備をしている最中であり、誰にでも起こることです。

 

このように身体を成長させる正体は、成長ホルモン。

 

この成長ホルモンがあることで、子供体型から大人体型へと成長することができます。

 

しかしこの成長ホルモンには、皮脂腺を刺激して皮脂を分泌させるという働きを持っているのです。

 

10代は、成長ホルモンの分泌が多い為、皮脂の分泌が過剰になりやすく皮脂をエサとするニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖してしまうことでニキビが出来やすくなってしまうのです。

10代のニキビ跡を改善するには!?

 

他の世代と比べ、成長ホルモンの分泌量が多い10代。

 

成長ホルモンが多い分、ニキビもできやすくニキビ跡も残りやすい10代ですが、ニキビ跡を消すことはできるのでしょうか?

 

10代のニキビ跡を改善するにはどうしたら良いのでしょう?

 

10代のニキビ跡の場合、ニキビ跡を消す為の方法を実施するよりニキビ予防を心がけることをおすすめします。

 

ニキビ跡がいつまでも残ってしまう原因は、新陳代謝機能の低下による肌のターンオーバーの乱れにあります。

 

しかし10代の場合、新陳代謝機能はまだまだ活発ですので、ある程度の期間を経るとニキビ跡は自然と消えていくのです。

 

但し、クレーター状などニキビ跡の状態によってはかなりの時間を要するものや残念ながら完全に消すことのできないものもあります。

 

しかし、そのまま放っておくと悪化を辿る一歩ですので、これ以上ニキビ跡を増やさない為、また、ニキビ跡を悪化させない為にも、日頃からニキビケアをしていくことをおすすめします。

 

規則正しい生活やバランスの良い食生活、適度な運動や良質な睡眠など生活習慣の見直しはもちろん、皮脂を毛穴に詰まらせないよう正しい洗顔を行ない、ニキビケアに適したスキンケアを行なうことが大切です。