お尻のニキビ跡を消す方法

お尻のニキビ跡に悩んでいる方が少なくないのをご存知ですか?

 

温泉や銭湯、恋人とベッドを共にする時など、普段は他人の目に触れる機会はほとんどないお尻ですが、身近な人や大切な人の目に触れる機会というのは結構あるものですね。

 

限られた人にしか見せない部位だからこそ、綺麗な状態にしておきたいと考える方は少なくないのです。

 

そんなお尻に残っているニキビ跡を消す方法を見ていきましょう。

お尻ニキビは何故できる!?

 

普段、外気にさらされることもあまりないお尻に何故ニキビは出来てしまうのでしょう?

 

まずは、お尻にニキビが出来てしまう原因を見ていきましょう。

@ ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌

ニキビが出来てしまう原因は何らかの原因によって、皮脂が過剰分泌してしまうことだといわれています。

 

お尻ニキビの場合、その原因はホルモンバランスが乱れてしまっているケースが多いのです。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経に影響し皮脂が過剰に分泌してしまいます。

 

皮脂が過剰に分泌することで、皮脂が毛穴を詰まらせアクネ菌が増殖しニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

また、お尻の場合、普段は下着やスカート、パンツなど常に衣服を何枚か重ねてまとっている状態ですのでムレやすくアクネ菌が増殖しやすい環境でもあるのです。

A 乾燥が原因となる皮脂の過剰分泌

ニキビというとオイリーというイメージを持たれがちですが、実は乾燥もニキビの原因となってしまいます。

 

皮膚が乾燥すると、肌のバリア機能が低下してしまう為、身体は皮膚を守る為に皮脂を過剰に分泌します。

 

必要以上に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせ、アクネ菌を増殖させる原因となってしまうのです。

 

お尻は、外気にさらされる機会が少ない分、アクネ菌の棲みやすい部位でもある為、ケアしていかないとアクネ菌が増殖しニキビができやすく治りにくい環境となってしまいます。

お尻のニキビ跡を改善するには!?

 

普段はあまり他人の目に触れることのないお尻ですが、身近な人や大切な人の目に触れる機会がある部位でもある為、ニキビ跡をそのまま放っておく訳にはいけませんね。

 

お尻のニキビ跡を改善するには、どうしたら良いのでしょう?

 

お尻は、椅子などに座っている時は体重を支える部位ですので、皮膚が堅くなりやすい部位でもあります。

 

また、ニキビが出来ていると座ることでニキビに刺激を与えてしまう為、悪化しやすくニキビ跡が残りやすくなってしまいます。

 

更に、血行不良に陥りやすい部位でもある為、ニキビ跡がなかなか改善されにくい部位でもある訳です。

 

その為、お尻のニキビ跡を改善するには、血行不良を改善し新陳代謝機能を高める必要があります。

 

規則正しい生活やバランスの良い食事、適度な運動や良質な睡眠など、新陳代謝を向上するよう心掛けることが大切です。

 

また、最近はお尻ニキビ用のボディローションやボディーミルクなども販売されています。

 

こうした商品はお尻ニキビだけでなく、お尻に残ったニキビ跡の改善効果も期待できる為、こうした商品を使用することもおすすめです。